コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

第10回表彰団体紹介

第1回受賞団体 第2回受賞団体 第3回受賞団体
第4回受賞団体 第5回受賞団体 第6回受賞団体
第7回受賞団体 第8回受賞団体 第9回受賞団体
第10回受賞団体  第11回受賞団体   第12回受賞団体


表彰式は3月18日、宇部市のCOCOLANDにて行われました。
表彰団体のすばらしい活動が広く県内に広がることを願っています。

最優秀賞(山口県知事賞)に輝いたのは、
下関市の「ママブラスバンド いしんぴよぴよ隊」のみなさん!

受賞団体のみなさんと選考委員会のメンバーで記念撮影しました。

各受賞団体のみなさんと活動内容

●最優秀賞(山口県知事賞)
ママブラスバンド いしんぴよぴよ隊(下関市)(⇨活動内容はこちら

表彰式に先立ち、村岡知事を表敬訪問し、受賞を報告しました。

表彰式会場にて選考委員会のみなさんと一緒に記念撮影。


 

●優秀賞(朝日新聞社賞)
CAP下関(下関市)

(⇨活動内容はこちら


●優秀賞(yab山口朝日放送賞)
朗読ボランティアグループ おとづれの会(山陽小野田市)
(⇨活動内容はこちら


●優秀賞(山口新聞社賞)
明木母親クラブさくらんぼの会(萩市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち奨励賞
たんぽぽの会小郡『夏休み子ども昭和塾』部(山口市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち奨励賞
秋穂手話サークルしいのみ会(山口市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち組合員賞
もみの木広場(山陽小野田市市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち組合員賞
えじそんのたまご(防府市)

(⇨活動内容はこちら

第10回表彰にあたっての選考委員長の講評

梅光学院大学 学長 樋口 紀子

 「女性いきいき大賞」は今回で10回目を迎え、これまで380もの団体が応募して下さっています。当初は、年々応募団体が減っていくのではと危惧していましたが、今年度は昨年度より増え、しかも新規の応募団体が全体の74%にあたり、例年の60%台と比べると高く、新たな広がりが見えているのが特長です。
 応募団体全体を見ると、規模・活動内容共、大きく活発で認知度も高い団体から、地道な活動をコツコツと継続してこられた団体までさまざまでした。また、これまでにない伝統文化関連団体等ユニークな活動も見られました。
 今回応募下さった団体は35団体で、1次選考では各分野を念頭におきながら11団体に絞り、2次選考で優秀賞4団体を選びました。
 今回の受賞団体は、規模はそれほど大きくはありませんが、自分達で、地域にあった活動を積み上げてこられ、やりがい・生きがい感を持って、楽しみながら自らの元気・パワーを明るく地域に発信し続けておられることが特長です。また、学生の部は1団体の応募でしたが、今回は残念ながら、次年度に期待したいとの願いを込めて「該当なし」とさせて頂きました。今回選にもれた団体も、次に向けて“いきいき” と活動を続け、新たなことにも挑戦しながら、また応募して頂きたいと思います。最優秀賞、優秀賞団体の授賞理由は以下の通りです。

 

○ママブラスバンド いしんぴよぴよ隊(最優秀賞・山口県知事賞):くらしづくり分野
 日頃の練習に力を入れ、サックス、トロンボーン、フルート、ピアニカ等10種類近くの楽器で編成し、40曲以上というレパートリーの広さ、また、キッズも含めたメンバーは総勢90名と多く、子どもたちと一緒の舞台に立ち、明るく活発に幅広く、精力的に活動していることを評価。お菓子の廃容器で楽器を作り、観客を巻き込んだ活動を精力的にしておられるところも評価されました。これからもこの活動を続けることによって、音楽で地域を元気にしてほしいと思います。

 

○CAP下関(優秀賞・朝日新聞社賞):子育て分野
 立ち上げ当初から16年間継続して活動していること、CAPプログラム実施が減少している中、子どもへの暴力防止のために、独自の活動を実施しようと、子育ち支援事業をスタートさせ、「子育ち支援ミニ講座&交流の場」を設けたり、「コンサート」の開催や広報活動にも継続して取り組んでいること、また若手のCAPスペシャリストの養成を行なっている実績が評価されました。

 

○朗読ボランティアグループおとづれの会(優秀賞・yab山口朝日放送賞):福祉分野
 視覚障がい者への朗読ボランティアだけでなく、高齢者施設を訪問し、自作の紙芝居や朗読劇を上演し、多くの方から大いに喜ばれていること、中・高校生を対象とした講座も実施し、活動を次世代につなげていこうとしておられること、また、グループの中に93歳の方もおられ、高齢であっても人の為に役立ちたいという思いとそのパワーが評価されました。

 

○明木母親クラブさくらんぼの会(優秀賞・山口新聞社賞):地域づくり分野
  27年間もの長い間、活動していること、少子高齢化が進む中山間地にあって若い世代のお母さんたちが主体になり、高齢者の方も一緒に楽しむ舞台芸術フェスティバル小公演の開催や手作りプレゼントを持って子どもたちと一緒に独居の高齢者の方のお宅訪問など、世代間交流を大切にし、さらに地域のお祭りの企画・運営等、地域活性化に向けた活力ある活動が評価されました。

コープの案内

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI