コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

第11回表彰団体紹介

第1回受賞団体 第2回受賞団体 第3回受賞団体
第4回受賞団体 第5回受賞団体 第6回受賞団体
第7回受賞団体 第8回受賞団体 第9回受賞団体
第10回受賞団体 第11回受賞団体 第12回受賞団体


表彰式は3月17日、宇部市のCOCOLANDにて行われました。
表彰団体のすばらしい活動が広く県内に広がることを願っています。

最優秀賞(山口県知事賞)に輝いたのは、 「はぁとふりぃ下関」のみなさん!

受賞団体のみなさんと選考委員会のメンバーで記念撮影しました。

各受賞団体のみなさんと活動内容

●最優秀賞(山口県知事賞)
はぁとふりぃ下関(下関市)(⇨活動内容はこちら

表彰式会場にて選考委員会のみなさんと一緒に記念撮影。

3/22に村岡知事を表敬訪問し、受賞を報告しました。


 

●優秀賞(朝日新聞社賞)
NPO法人聴覚障害者生活支援センターこすもすの家(周南市)

(⇨活動内容はこちら


●優秀賞(yab山口朝日放送賞)
ケダマの会(周南市)
(⇨活動内容はこちら


●優秀賞(山口新聞社賞)
ママボランティアPLUMMA(下関市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち奨励賞
NPO法人おれんじの会(下関市)
(⇨活動内容はこちら

※ご都合により、3/17の表彰式にはご欠席されました。


●コープやまぐち奨励賞
点訳グループ スズランの(山陽小野田市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち奨励賞
古典芸能南京玉すだれ山口保存(防府市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち奨励賞・学生の部
梅光学院大学ハンドベルクワイア(梅光学院大学)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち組合員賞
オカリナ同好会きんぎょ(周防大島町)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち組合員賞
絵本の会むつみ(光市)
(⇨活動内容はこちら


●コープやまぐち組合員賞
いきいきサロンたかね”ハンドベルの会”(山口市)
(⇨活動内容はこちら

第11回表彰にあたっての選考委員長の講評

梅光学院大学 学長 樋口 紀子

 「女性いきいき大賞」は今回で11回目を迎えました。これまで416もの団体が応募して下さっていることは大変ありがたいことです。応募団体全体を見ると、規模・活動内容共、大きく活発で認知度も高い団体から、地道な活動をコツコツと継続してこられた団体までさまざまでした。今回応募下さった団体は36団体で、1次選考では各分野を念頭におきながら15団体に絞り、2次選考で優秀賞4団体を選びました。活動の規模、独自性、地域活性化力、今後の広がりの可能性、継続年数、メンバー数等を確認し、分野の移行の可能性も探りながら優秀賞を決定。優秀賞から最優秀賞を決定したのは例年通りです。奨励賞は地道に活動を続けてこられた団体に対して、今後も頑張ってほしいとエールを送る気持ちを込めて、3つの団体に差し上げることにしました。
 今回の受賞団体は、規模はそれほど大きくはありませんが、自分達で、地域にあった活動を積み上げてこられ、やりがい・生きがい感を持って、楽しみながら自らの元気・パワーを明るく地域に発信し続けておられることが特長です。また、学生の部は2団体の中から1団体が受賞しました。この団体は2回目の受賞です。4年間という限られた大学生活で、継続していくことが難しいといわれる中、28年もの間、長く地道に活動していることが再度認められた理由です。今回選にもれた団体も、次に向けて“いきいき” と活動を続け、新たなことにも挑戦しながら、また応募して下さればと思います。最優秀賞、優秀賞団体の授賞理由は以下の通りです。

○はぁとふりぃ下関 (最優秀賞・山口県知事賞):地域づくり分野
4年間という活動歴ですが、「車いすマイスター®」という登録商標を生み出し、資格を与え、その資格を取った人たちがさらなる研鑽を積み重ね、車いすで不自由を感じている人に対して、健康な人が支えていくということを車いすの人と共にタッグを組んで明るく、楽しみながら活動しているということが授賞の理由です。この活動が下関という限定された地域だけではなく、県内いたるところに広がっていってほしいという願いを込めて最優秀としました。

○NPO法人聴覚障害者生活支援センターこすもすの家(優秀賞・朝日新聞社賞):福祉分野
こちらはろうあの方が気兼ねなく集まる場所を作りたいという願いのもと、手作りでその場所を作ってきた団体です。しかも、高齢者だけではなく、B型支援事業を立ち上げたことでその活動が若いお母さんたちにも広がり、それが子ども発達事業に発展しました。それを10年間継続していることと、やりがいの場づくりをすることによって生活を自ら支えるということが評価されました。

○ケダマの会(優秀賞・yab山口朝日放送賞):くらしづくり分野
動物愛護の会は県内にいくつかあり、いずれも毎日お世話をしておられ、いつも頭が下がる思いですが、この会は他団体と比べ、活動している人数は少なく、また年数も短いのですが、見捨てられた犬猫を何とかしたいという強い思いのボランティアスタッフも活動を支えていることと活動の幅が広いということで選ばれました。行政にも委託されており、犬猫にとっては最後の砦となっています。

○ママボランティア PLUMMA(優秀賞・山口新聞社賞):子育て分野
この団体の活動は充実度や活動の幅の広さで同じような活動をしている他を圧倒しています。ママさんならではの目線・発想を基に皆で計画し、皆で実行しているというところも評価されました。ママたちが楽しみながら特技をいかし、子育てで悩むママたちを助けていきたいとの思いがよく伝わってくる活動内容です。また、「ぷらんぱ」というパパたちならではの活動も大変特色があると思います。

コープの案内

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI