コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

第2回受賞団体紹介

 昨年度、住民参加による住みよい地域社会づくりと男女共同参画社会づくりを願って創設した「コープやまぐち女性いきいき大賞」は関係各位のご協力により、おかげさまで第2回目を迎えました。「女性いきいき大賞」の内容にふさわしいコミュニティ活動、ボランティア活動、NPO活動等に女性が中心となっていきいきと活動されている表彰団体が決定いたしました。
 同賞の発表および表彰式は、3月18日に、山口市湯田温泉の防長苑にて行いました。「コープやまぐち女性いきいき大賞」の各賞は次の通りです。表彰団体のすばらしい活動が広く県内に広がることを願っています。

 最優秀賞の山口県知事賞は、嘉川子育て支援連絡組織”みらい”のみなさん。県庁を訪れ、二井関成知事を表敬訪問。子育て支援活動について報告し、知事からもこれからもますます頑張ってほしいと激励の言葉を頂きました。知事を囲んで記念写真をパチリ。

 受賞全団体の皆さんと選考委員会のメンバーで記念撮影しました。

各受賞団体と活動内容

●最優秀賞(山口県知事賞)
嘉川子育て支援連絡組織”みらい”(山口市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(朝日新聞社 山口総局長賞)
美祢市生活改善実行グループ連絡協議会(美祢市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(yab山口朝日放送賞)
高齢社会をよくする下関女性の会(ホーモイ)
(下関市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(山口新聞社賞)
あいの会(女性がん患者の会)(長門市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
「すえ おはなしの会」(山陽小野田市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
特定非営利活動法人 エルマーの会(岩国市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
山口県要約筆記やまぐち(防府市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員奨励賞
育児ボランティア ほほえみ(下関市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員奨励賞
ひまわりの会(防府市)
(⇨活動内容は こちら
写真は一番左の方

●コープやまぐち組合員奨励賞
モチーフ(光市)
(⇨活動内容はこちら
写真は左から二番目の方

●コープやまぐち組合員奨励賞
チューリップグループ(下関市)
(⇨活動内容はこちら
写真は右の方お二人

選考委員長講評

梅光学院大学教授 樋口 紀子 委員長

スペース

 今回は第二回ということで、この「女性いきいき大賞」がより社会に認知されたせいか、前回にましていろいろな分野の活動をしておられる団体からの応募がありました。応募された団体は45団体で、1次選考で11の団体に絞り、選考基準に基づきそれぞれの分野での優秀賞を選び、その中から最優秀賞を決定致しました。その選考基準は、いかに「”いきいきと”活動しているか」、そして、今後もより「”いきいきと”活動していく可能性があるか」というところです。昨年、第一回目の大賞を受賞された「安岡ひまわりレディース」が、受賞を記念して地域のために講演会を開催されましたが、受賞をきっかけにより活動を広げて下さることこそがこの賞の目指すところです。それぞれの受賞団体の今後のますますのご活躍を期待しながら、受賞理由を述べたいと思います。

○嘉川子育て支援連絡組織”みらい”(最優秀賞):子育て分野
 子育ての活動に赤ちゃんからお年寄りまで多くの方々が関わっておられる点、この組織が地域のよりどころとなっている点、後継者がしっかり育っており、現在の活動だけではなく、この団体の名前のとおり、将来にもつながっていくことのできる活動であることがよく理解できる点が評価されました。特に、中学生が赤ちゃんと接することで、「命の尊さ」を教えたいという使命感を持って活動をしておられること、地域の中のいろいろな団体が関わり、地域で連携して活動を行っていることが今後の活動のあり方として、一つのモデルケースになるのではないかと思います。以上の点を総合的に判断した結果、今回の最優秀賞となりました。

○美祢市生活改善実行グループ連絡協議会 (優秀賞):地域活力向上分野
 農家の女性たちが、ただ単に家業としている農作物を作って、既存のルートで販売するというのではなく、それを独自のルートで、しかも北海道から九州という幅広い範囲に宅配便で各家庭に届けているという積極的な活動が高い評価を受けました。また、最近では「我が家の一品料理」を持ち寄って検討し、それを商品化して販売していこうという新たな活動が広がっていることも評価された点です。美祢市の独自性をPRする活動にもなっていると思います。

○高齢社会をよくする下関女性の会(ホーモイ) (優秀賞):福祉分野
 地域の高齢者を元気にしようとする活動を、同じ年代の方々が”いきいきと”とやっておられる点がまず目を引きました。特に、行政が高齢者対策としてすぐにでもやらなければならないことを、ボランティアとして、しかも地域の大学生も巻き込みながら活動しておられることが評価された点です。また、参考事例として他県から講演や事例発表の依頼があることは、山口県を発信として他の地域への波及効果が期待できるということで評価されました。

○あいの会 (優秀賞):くらしづくり分野
 「がん」という誰もがかかる可能性のある病気に対して、経験者がその患者や家族に対してケアを行うということは、今後の医療活動の中で必要なものです。特に、拠点病院がない長門・萩地域で患者自らがこの活動を立ち上げ、試行錯誤しながら患者や家族のケアにとどまらず、がん検診への呼びかけなど予防の分野にまで活動を広げておられるその懸命さが評価されました。

コープの案内

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI