コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

第3回受賞団体紹介

第1回受賞団体 第2回受賞団体 第3回受賞団体
第4回受賞団体 第5回受賞団体 第6回受賞団体
第7回受賞団体 第8回受賞団体 第9回受賞団体
第10回受賞団体  第11回受賞団体  第12回受賞団体


住民参加による住みよい地域社会づくりと男女共同参画社会づくりを願って創設した「コープやまぐち女性いきいき大賞」は関係各位のご協力により、おかげさまで第3回を迎えました。
今回より新たに「ボランティア精神を若い人たちにも浸透させ、ボランティア人口の裾野を広げたい」との思いで「学生の部」を設け、このたび、すべての表彰団体が決定いたしました。その発表および表彰式が、2月18日、山口市小郡新山口ターミナルホテルにて行われました。
「コープやまぐち女性いきいき大賞」の最優秀賞および各賞は次の通りです。表彰団体のすばらしい活動が広く県内に広がることを願っています。

 最優秀賞の山口県知事賞は、NPO法人 シンフォニーネットの代表のみなさん。県庁を訪れ、二井関成知事と懇談の場を持ちました。自閉症・発達障害児者とその親の支援活動について報告し、知事からもこれからもますます頑張ってほしいと激励の言葉を頂きました。知事を囲んで記念写真をパチリ。

 受賞全14団体のみなさんと選考委員会のメンバーで記念撮影しました。

各受賞団体と活動内容

●最優秀賞(山口県知事賞)
NPO法人 シンフォニーネット(下関市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(朝日新聞社賞)
今殿いきいきサロン(光市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(yab山口朝日放送賞)
光人形劇協議会(光市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(山口新聞社賞)
リフォームボランティア どんぐりの会 (長門市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
むかしなつかし おてだま会(山口市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
多胎児育児サークル ピヨピヨの会(周南)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
山口盲ろう者友の会(下関市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
光市認知症を支える会(福寿草の会光)(光市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞・学生の部
梅光学院大学ハンドベルクワイア
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員賞
アースフレンド(宇部市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員賞
紙芝居グループ「たんぽぽ」(山口市)
(⇨活動内容はこちら
写真は一番右の方

●コープやまぐち組合員賞
テーマグループティンクルスター(光市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員賞
音訳グループ「みずの会」(山口市)
(⇨活動内容はこちら
写真は中央お二人と左お二人

●コープやまぐち組合員賞
友遊(山陽小野田市)
(⇨活動内容はこちら
写真は右から二番目の方

選考委員長講評

梅光学院大学教授 樋口 紀子 委員長

スペース

 「女性いきいき大賞」は今回で3回目になります。それぞれの地域でさまざまな活動をしておられる団体の応募がありました。今回応募された団体は29団体で、1次選考で15団体に絞り、まず各分野での優秀賞を選び、その中から最優秀賞を決定致しました。その選考基準は、「”いきいき”と活動しているか」ということと、「その活動が年々回りの人を巻き込み、広がりを見せているか」ということでした。また、今年はボランティア精神を若い人たちにも浸透させ、ボランティア人口の裾野を広げたいという思いがあり、初めて「学生の部」を設け、長年活動を続ける中で音楽を通して多くの方々を”いきいき”とさせてきた団体を表彰しました。この受賞をきっかけに、地域の活性化のためにより”いきいき”と活動して下されば幸いです。なお、優秀賞を受賞した団体の受賞理由は以下のとおりです。

○NPO法人 シンフォニーネット(最優秀賞・山口県知事賞):福祉分野
 「自閉症・発達障害」という言葉が社会に認知されるずっと以前から、そのようなお子さんを持った親御さんたちが集まり、10年の間勉強会や講演会を通して同じ問題をかかえる方々の掘り起こしや社会への啓発活動を行い、子どもたちには療育活動や生活・余暇支援活動、就労支援と確実に広がりを見せていることが評価されました。NPO法人を取得したことからも、この活動を確固たるものにしたいという会員の方の意気込みが伝わってきます。また、「自閉症・発達障害と診断されても怖くないよ。素敵な社会人になれるんだよ」ということを子どもさんたちに伝えたいという思いをもって活動をしておられることに感銘を深くしました。これは障害をもっておられる方だけではなく、社会から孤立していると感じているすべての人に励ましを与えるものです。選考委員全員一致で最優秀賞となりました。

○今殿いきいきサロン(優秀賞・朝日新聞社賞):地域づくり分野
 家に閉じこもりがちな高齢者が外に出かけ、地域の人たちと一緒に楽しめる場所を提供するという家に閉じこもりがちな高齢者が外に出かけ、地域の人たちと一緒に楽しめる場所を提供するという趣旨のもとに活動を始め、それがボランティアを「したい人」、「してほしい人」を気兼ねなくつなぐために、「ささえ愛券・ちょぼら券」を発行していることは、独創性があり、大変いいアイデアだと思います。まさに笑顔で”いきいき”と活動しておられる様子が目に浮かびます。高齢者を支えていると思っていたら、高齢者からも支えられていることが発見できる活動として評価されました。

○光人形劇協議会(優秀賞・yab山口朝日放送賞):子育て分野
 良質の人形劇をより多くの親子に低料金で提供するという趣旨のもとに運営されていることと人形劇を通して地域の子どもたちに感動を与え、やさしさを育み、社会性を身につけさせるという目的意識がはっきりしているところがこの団体の素晴らしい点だと思います。また、この団体にいろいろな劇団が加盟し、横のつながりを持ちながら、なおかつそれぞれがそれぞれの個性を維持しつつ活動を行っていることも高く評価されました。

○リフォームボランティアどんぐりの会(優秀賞・山口新聞社賞):くらしづくり分野
 最高年齢85歳の方を筆頭に、高齢者の方がリサイクルすることの大切さを楽しみながら伝えることによって、地域の社会福祉のために長年貢献してこられたことが評価されました。特に、自分たちの会の運営だけではなく、地域のいろいろな団体を支援してこられたことは素晴らしいことであると思います。また、長門市というボランティア団体が少ないところで活動を続けてこられたので、この地域のボランティア活動を牽引する役割も担ってほしいとの思いも込めて賞を差し上げることにしました。

コープの案内

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI