コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

第9回表彰団体紹介

第1回受賞団体 第2回受賞団体 第3回受賞団体
第4回受賞団体 第5回受賞団体 第6回受賞団体
第7回受賞団体 第8回受賞団体 第9回受賞団体
第10回受賞団体  第11回受賞団体   第12回受賞団体


表彰式は3月23日、宇部市のCOCOLANDにて行われました。
表彰団体のすばらしい活動が広く県内に広がることを願っています。

最優秀賞(山口県知事賞)に輝いたのは、
宇部市の傾聴ボランティア「ピア山口」のみなさん!

受賞団体のみなさんと選考委員会のメンバーで記念撮影しました。

各受賞団体のみなさんと活動内容

●最優秀賞(山口県知事賞)
傾聴ボランティア「ピア山口」(宇部市)(⇨活動内容はこちら

表彰式に先立ち、村岡知事を表敬訪問し、受賞を報告しました

表彰式会場にて選考委員会のみなさんと一緒に記念撮影。

●優秀賞(朝日新聞社賞)
紙人形劇団ネリノ(宇部市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(yab山口朝日放送賞)
光市認知症を支える会(福寿草の会光)(光市)
(⇨活動内容はこちら

●優秀賞(山口新聞社賞)
エコプラザ・下関 ありがとカフェ(下関市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
福島の子どもたちとつながる宇部の会(宇部市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞
きらっとグレイス(山口市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち奨励賞・学生の部
山口県立大学「ぷち☆スタ」実行委員会
(山口県立大学)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員賞
オリーブ手品クラブ(岩国市)
(⇨活動内容はこちら

●コープやまぐち組合員賞
まごころ・支え合い・やすらぎ
(下関市)

(⇨活動内容はこちら

第9回表彰にあたっての選考委員長の講評

梅光学院大学 学長 樋口 紀子

white

 「女性いきいき大賞」は今回で9回目になります。応募された団体は、33団体でした。1次選考では各分野を念頭におきながら13団体に絞り、2次 選考では優秀賞を4団体選びました。活動の規模、独自性、地域活性化力、今後の広がりの可能性、継続年数、メンバー数等を確認し、分野の移行の可能性も探 りながら優秀賞を決定。優秀賞から最優秀賞を決定したのは例年通りです。奨励賞は地道に活動を続けてこられた団体に対して、今後も頑張ってほしいとエール を送る気持ちを込めて、2つの団体に差し上げることにしました。
 今回の特色は、規模はそれほど大きくはありませんが、地道に自分達でコツコツと活動を積み上げ、やりがい・生きがい感を持って自分達も楽しみながら地域 に発信し続けておられることです。今回選にもれた団体も、次に向けて”いきいき” と活動を続け、新たなことにも挑戦しながら、また応募して頂きたいと思います。また、「学生の部」は、2団体の応募がありました。いずれも甲乙つけがたい 活動をしておられたのですが、「山口県立大学『ぷち☆スタ』実行委員会」に決まりました。週に3~4回と活動回数も多く、全国的にも稀な新しい取り組みで あることが授賞の理由です。なお、今回は地域づくり分野は該当なしで、評価の高かった福祉分野の2団体を優秀賞とし、その内1団体を最優秀賞としました。
最優秀賞・優秀賞団体の授賞理由は以下のとおりです。

○傾聴ボランティア「ピア山口」(最優秀賞・山口県知事賞):福祉分野
 “傾聴”という言葉がまだ認知されていない中、3人からスタートし、県内でも先駆け的な団体として8年間この活動を続けて来られ、なおかつ様々な学習会や 講演会に講師として出向きながら、徐々に賛同する仲間を募り、24人に増やしただけでなく、宇部や柳井に新たな団体を生み出したことが高く評価されました。今後、高齢者が増える社会ではメンタル的なケアにおいて”傾聴”のニーズはさらに高まると思われ、その将来性も評価し、最優秀賞としました。

○紙人形劇団ネリノ(優秀賞・朝日新聞社賞):子育て分野
 今回の応募は4回目ですが、活動が前年度に比べ格段にアップしている点が評価されました。例えば、地道に定期公演をしておられるだけではなく、金管アンサ ンブルとのコラボで開催されていること、被災地にも出向いておられること等です。上演回数は少ないですが、大型紙人形をその度に手作りする労力やその技術 なども評価されました。

○光市認知症を支える会(福寿草の会光)(優秀賞・yab山口朝日放送賞):福祉分野
 これまでに受賞された認知症を支える会の団体の活動と比べても遜色なく、地域のニーズに応えた活動を精力的にしておられることが評価されました。なお、以前奨励賞を受賞しておられますが、その時の活動にプラスして、県内初の”オレンジカフェえがお”を新設されたり、中学校と一緒に声掛け訓練をされ、その成果から見守り隊を新たに立ち上げたという活動も評価されました。

○エコプラザ・下関 ありがとカフェ(優秀賞・山口新聞社賞):くらしづくり分野
 この団体は環境問題という地域の課題を解決するために常駐しながら活動しておられること、単なるリサイクル品を販売するだけではなく、エコ教室を開催し、地域の方のエコに対する認識を高めておられること、様々な情報発信をしておられることが評価 されました。また、前回よりも活動は若干減ってきていますが、商店街とのつながり作りができているということも評価されました。

コープの案内

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI