コープやまぐち

文字サイズ 標準 大

コープやまぐち

お問い合わせ/ご利用ガイド

山口県原爆被爆者支援センターゆだ苑にひざかけをお届けしました

「被爆者の方々に暖かい冬を過ごしていただきたい」と組合員さん有志がモチーフを編み、つなぎあわせて、ひざかけを作る活動を1986年から続けています。本日、今年分のひざかけや肩掛け等66点を、山口県原爆被爆者支援センターゆだ苑にお届けしてきました。
県内各地でひざかけの活動に取り組む組合員さんから、ゆだ苑の岩本理事長と山口県被団協の森田会長にひざかけをお渡しし、「あたたかい活動を続けていただき、ありがとうございます。」とお礼の言葉をいただきました。合わせて、ゆだ苑の活動に活かしていただけるよう、組合員さんから寄せられた平和募金から約20万円を一緒にお届けしました。ひざかけ等は、健診会場などで被爆者の方々に届けられます。毎年楽しみに受け取ってくださっているそうです。
贈呈後は被爆2世の岡さんから、お父様の被爆体験やゆだ苑の歴史などについてお話をお聞きし、継承していくことの大切さを改めて心に刻みました。

このひざかけには、毛糸を寄せてくださった方、モチーフを1枚1枚編まれた方、モチーフをつないだ方、ラッピングした方、メッセージカードを書かれた方など、たくさんの人の優しい気持ちが込められています。今年は一部、小学生からのメッセージカードもありました。関わってくださったみなさま、大変ありがとうございました。

新着ニュース

生活協同組合コープやまぐち
〒753-0872 山口市小郡上郷901-21
Copyright (C) CO-OP YAMAGUCHI