先輩たちの想い
先輩インタビュー

採用に関して 採用に関して

先輩たちの想い

INTERVIEW

コープやまぐちで働く
先輩社員の想いを
インタビューでお届けします。

INTERVIEW:01

宅配センター 組織チーフ

2002年4月入協

PROFILE 宅配の担当、チームリーダー、組織支援リーダー、センター長を経験。その後、組合員活動グループを経て、2020年春に新設した宅配センターの組織チーフに着任。

担当している業務内容
宅配センターの組織チーフとして、地区担当が安全に業務を行えるようなサポートやトラブル対応など、センター運営に携わっています。
MORE
  • Q01
    コープに就職した決め手と、
    その後入協して理想通りだったこと、
    想像とちょっと違ったこと
    「誰かの役に立つ仕事に就きたい」と、漠然とした思いを持って就職活動をしていました。そんな中、コープやまぐちの説明会で、「ありがとう」と組合員さんから感謝される仕事であること、組合員さんのより良いくらしに貢献していくやりがいのある仕事ということを聞いて、コープに決めました。また、親がコープを利用していて、コープを身近に感じていたことも影響したと思います。
    コープの宅配は、雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も配達があります。実際に働いてみて、時間に追われながらの配達や、重い商品を運ぶなど体力的にもきつい面がありましたが、直接「ありがとう」と言ってもらえる、本当にやりがいのある仕事だと思います。
  • Q02
    ここが「コープならでは」!
    コープの宅配を利用されている組合員さんの中には、ご近所にお店がない方や、車を運転されない方など、普段のお買い物に不自由されていて、1週間分の食料品をコープの宅配でほとんど賄うという方も少なくありません。商品をお届けした際に、「ありがとう、助かったよ」と感謝の言葉をいただくと、コープの宅配が地域の組合員さんにとってライフラインになっていると肌で感じることができます。
  • Q03
    仕事中の嬉しかったこと、辛いこと
    以前、組合員活動グループに在籍していたとき、組合員参加のコープ商品開発と利用普及活動に携わらせてもらいました。商品開発は、まず組合員さんのくらしの願いや困りごとを出し合ってもらい、その願いに応える商品を組合員さんと一緒に作っていきます。試作品づくりではメーカーさんにもご協力いただきながら、味や量目、カットのサイズ、価格など、組合員さんの意見を反映させて、何度もやり直しながら作り上げていきました。こうして出来上がった商品に対して、「おいしかった」という声をいただけると、わが子が褒められているようで本当に嬉しく思いました。
  • Q04
    コープで実現したいことや、人生で一度はやってみたいこと
    コープ商品には、組合員の願いや要望でできた商品がたくさんあります。センター内で商品試食や学習を行い、組合員さん一人ひとりにあった商品おすすめや活用方法のお知らせなど、担当が商品をもとに組合員さんへ提案ができるよう、サポートしていきたいですね。「組合員さんにとってどうなのか」という視点で物事を考え、そのためにどうしたらよいかを自分で判断して行動できる職員を育んでいきたいです。

就活中の皆さんへメッセージ

私がコープで働き出してから、上司や先輩から「“組合員のため”の仕事をしなさい」とよく教えられてきました。これはどんな仕事をしても変わらないと実感しています。ここさえぶれなければ、少々きつくても、やりがいがあり乗り越えられます。
みなさんも、これから就職活動をするなかで、色々な職種や就職先があり、迷うこともあると思います。自分にとって何が大切なのかなど、自分を見つめ直す良い機会でもありますので、そんな時間も楽しみながら就職活動をしていただき、自分にあった就職先とめぐり会ってほしいと思います。

INTERVIEW:02

店舗 畜産部門

2020年4月入協

PROFILE 研修を経て店舗畜産部門に配属。

担当している業務内容
店舗にて、生肉のカットなどの加工や盛り付け、商品の陳列、発注など。
MORE
  • Q01
    コープに就職した決め手と、
    その後入協して理想通りだったこと、
    想像とちょっと違ったこと
    元々公務員志望でしたが、1年就職浪人しても叶わなかったんです。そこで別の就職先を探しているとき、説明会でコープを知りました。公務員って、利益よりも人のために働く仕事ですよね。コープも利益ではなくて組合員さんの暮らしを第一にして働くスタイルが似ているなと感じて、コープに行きたいと思いました。
    想像とちょっと違うなと思ったことは、畜産部門に配属されたことですね(笑)。もともと料理とかそういうのは一切しないタイプで…肉の知識も一切ない状況からだったので、戸惑いはありました。
  • Q02
    ここが「コープならでは」!
    店内で品出しをしているときなど、声をかけてくれる方が多いんです。他のお店だと、店員さんに声をかけるのは、レジとかが多いのかなってイメージがあったんですけど、「この肉はどう違うの?」「これはどう料理するのがおすすめ?」と気軽に声がかかるのはコープならではだと思いました。やっぱり、組合員さんがコープを信用してくれてるからなんだなって。
  • Q03
    仕事中の嬉しかったこと、辛いこと
    自分は要領が良い方ではなくて…同じミスを繰り返すことが多いんです。しばらくやらなかった作業をやると、忘れていたり…。なんなら今日(取材時)も先輩に怒られたんですけど…。仕事するって大変だな、自分はまだ半人前だなっていう実感がありますね。
  • Q04
    コープで実現したいことや、人生で一度はやってみたいこと
    実現したいこと…。今自分のことでいっぱいいっぱいで、先のことをあまり考えていないというか(笑)でも、例えばバイヤーさんの仕事を見ていると、こういった商品への関わり方もあるんだと思い、バイヤーの仕事にも興味を持っていますし、やってみたいなと思います。
    人生で一度はやってみたいことは、旅行するのが好きなので、日本一周とかしてみたいなと思いますね。自転車でできたら一番良いな(笑)

就活中の皆さんへメッセージ

働いてみてからでしか分からないことってあるとは思うんですけど、最初から一つに絞るんじゃなくて、いろんなことにチャレンジしてみてほしいですね。あとで「あれ行っとけばよかったかな~」と後悔したり、中途半端に入ってから後悔するよりは、自分が「ここだ!」と決められるまで、様々な選択肢を持って頑張ってほしいです。

INTERVIEW:03

宅配センター 地区担当

2019年4月入協

PROFILE 研修を経て宅配のセンターに配属され、宅配の地区担当として奮闘中。

担当している業務内容
組合員さんがご注文された商品をお届けする業務を中心に、地域住民とコープをつなぐ窓口として、宅配やコープ共済のお知らせ活動なども担います。
MORE
  • Q01
    コープに就職した決め手と、
    その後入協して理想通りだったこと、
    想像とちょっと違ったこと
    大学3年生の夏休み、コープのお店のインターンシップに参加したときに、仕事を教えてくれた方や店長、コープで働く方々の人柄の良さに惹かれました。その後の採用説明会でさらに詳しい事業内容を聞いたのですが、「もうコープしかない!コープに入りたい!」と決めて、コープしか受けませんでした(笑)働き始めて、インターンシップで感じた職場の雰囲気の良さはイメージ通りでしたね。イメージと違ったのは思った以上に体力が必要なことでしょうか…。運動経験の少ない私でも、慣れたら乗り越えられましたが、慣れるまではしんどかったです。
  • Q02
    ここが「コープならでは」!
    組合員さんとの距離が近いことです。毎週配達にお伺いするため、何気ないお話をしたり、「よく頑張ってるね」「地区担ニュース(※)いつも楽しみにしとるよ」という言葉をかけていただいたり、いつも励まされています。
    (※地区担当が毎週書いているニュース。カタログと一緒に組合員さんへお届けしています。)
  • Q03
    仕事中の嬉しかったこと、辛いこと
    ある方にコープ共済をおすすめしたところ、「持病があるし手術をしたこともあって、入れる保険がないんよ」と言われました。一度帰ってから資料を確認すると、持病がある方でも入れるコースがあることに気づきました。その方に改めてご連絡すると「私にも入れる保険があったんやね」と、無事に加入していただけました。組合員さん一人ひとりの事情に合わせた提案ができたこと、またそれに喜んでいただけたことがとても嬉しく、印象に残っています。「仕事は数字の目標を追うだけではない」ということを意識したきっかけでもありました。
  • Q04
    コープで実現したいことや、人生で一度はやってみたいこと
    私、入協した当時からずっと「移動店舗で働きたい」って周りに言ってるんですよ(笑)学生時代、研究の一環で、お買い物に困っている地域へ取材に行ったとき、「毎週コープのおひさま号が来てくれるから助かっとるんよ」と地域の方がおっしゃられていたことが印象的で。山口県は高齢化も進んでいるし、山間部にはスーパーのない地域がたくさんあります。そんな方に、コープのことを知ってもらえたらいいな。お買い物に困っている方をなくすことが、私が実現したいことです。

就活中の皆さんへメッセージ

就職活動では、自己分析や面接練習、エントリーシートの作成など自分自身と向き合うことが多くなると思います。私はそういうのすごく苦手だったんですけど…。でも、今こうやって希望の職場に入って、就活当時「公務員にしなさいよ」と言っていた家族にも頑張って働いているところを見せることができて、自分がやりたいことを就活で見つけて良かったと思っています。将来どんな仕事をしたいのか、どんな人になりたいのか、周りの意見に流されず、自分のしたいことを大切に進んでいってほしいです。

INTERVIEW:04

店舗 農産部門リーダー

2015年4月入協

PROFILE 1年目は他県の生協への店舗研修に参加し、山口に帰ってきてから店舗農産部門に配属。現在は農産部門のリーダーとして奮闘中。

担当している業務内容
店舗にて、農産物のカットなどの加工やパック作業、陳列、発注、農産メンバーのシフト管理など。
MORE
  • Q01
    コープに就職した決め手と、
    その後入協して理想通りだったこと、
    想像とちょっと違ったこと
    実は自分、コープ以外受けてません(笑)!県内で就職したかったからというのが一番の大きな理由です。あと、親が宅配を利用していたことと、学生時代よくコープの店に買い物に行っていたので、けっこう身近な存在だったというのもありますね。入ってみて想像通りだったことは、一般のスーパーとお客さんの関係よりも、コープと組合員さんの距離が近いこと。店内も、店員に話しかけやすい雰囲気があるんじゃないかなと感じます。地域に根ざしたコープっていう想像通りでした。
  • Q02
    ここが「コープならでは」!
    産直の取り組みですね。生協ならではのつながりがあってこそだと思います。例えば農産だと、「産直山川みかん」を買うためだけに、市外から買いに来られる方もいらっしゃいます。県内産商品を多く取り扱っていることや、安心安全であることを研究センターで確かめているところが、商品に現れていて、「コープならでは」だなと思います。
  • Q03
    仕事中の嬉しかったこと、辛いこと
    今働いている店舗に来たばかりの頃、店長から「やってみたいことはどんどんやってみて」と言われ、農産コーナーの棚の位置や照明を模様替えしたことがあるんですけど、それが結構好評だったんです。あれは「やって良かったな」と思った印象的なことでした。あとは、名前までは覚えられなくても、お客さんに覚えてもらえるのがけっこう嬉しいですね。店の中に存在感を残すことができてるなぁって感じがします。
  • Q04
    コープで実現したいことや、人生で一度はやってみたいこと
    お店しか経験してないので、宅配で配達もしてみたいですね!宅配をやってみて、お店で活かせることがあるかもしれないし。何週間か留学みたいな感じで(笑)人生でやってみたいことっていうか、友だちと飲みに行ったり、旅行したいです。店舗勤務は土日が休みってあまり無いので、友だちとスケジュールが合わせにくいんですよね。

就活中の皆さんへメッセージ

今就活中の方、まだ間に合います!いろいろ見てまわって、自分に合ってると思う仕事や興味のあることなど、選択肢をいっぱい持ってくださいね。僕みたいにひとつしか考えてないのはだめです(笑)就活っていう、いろんな業界を見られるチャンス期間中に、自分の目でたしかめて、やりたいことを見つけてほしいなと思います。

INTERVIEW:05

宅配センター チームリーダー

2014年入協

PROFILE 地区担当を3年経験した後、チームリーダー就任。

担当している業務内容
チームメンバーのマネジメントとサポートが主な業務。毎日の配達がより正確に、より効率的にできるように職員を指導したり、営業課題を達成するためのプロセスを一緒に考えたりしています。
MORE
  • Q01
    コープに就職した決め手と、
    その後入協して理想通りだったこと、
    想像とちょっと違ったこと
    これといった決め手はないのですが(笑)、生まれ育った山口県で働けること、子どもの頃母と一緒に商品を受け取りに行っていたトラックに乗って、今度は自分が商品をお届けする立場になっていることから、コープには不思議な縁を感じています。
    理想通りだったことは、組合員さんと顔なじみのような関係が築けること。場合によっては同じ組合員さんのお宅に数年配達でお伺いします。その間に組合員さんのお子さんが幼稚園入園や小学校入学の時に巡り合うこともあり、感慨深い時もあります。想像と違ったことは、受け持ちの組合員さんの多さとそれに伴う仕事量の多さです。時間がかかる業務もあり苦労も多いですが、全ての仕事が組合員さんの暮らしのお役立ちにつながることを実感できるので、とてもやりがいを感じられます。
  • Q02
    ここが「コープならでは」!
    コープは組合員さんが主役の組織です。職員と一緒にコープという組織を良くしていきたいと考えている方たちが多くいらっしゃいます。新人の地区担当だった頃は、そんな想いを持った組合員さん、時には「挨拶の声が小さいよ」「服装がだらしないよ」等、コープの職員として、そして一社会人としてどう振る舞わないといけないのか、たくさん勉強させていただきました。このように厳しく接してくれるのも、コープという組織の成長を願ってのものだと思います。私たちにとってありがたい存在なのだなと改めて感じました。
  • Q03
    仕事中の嬉しかったこと、辛いこと
    以前、年末商戦の営業課題を達成するため、推進リーダーを任されたことがあります。年末のおすすめ商品を学習し、メンバーに商品の特徴や、組合員さんへのより良いおすすめの方法などをレクチャーしました。進捗状況や良い事例を共有することで、メンバーの意識が高まっていくのを感じて嬉しかったですね。毎日、積極的にメンバーとコミュニケーションをとってお互いの信頼関係も増し、その後の業務にも活かせたことは、今のチームリーダーの仕事につながっていると思います。自信がついた良いきっかけになりました。
  • Q04
    コープで実現したいことや、人生で一度はやってみたいこと
    友人に仕事の内容を説明してもよく分かってくれない、ということが多々あります。「コープってよく目にするけど、結局何をしてるの?」「スーパーと一緒でしょ?」という反応も。やはり自分が働く職場が知られていないことがあると、少し悔しく感じてしまいます。最近は、多くの方にコープを知ってもらう機会が増えましたが、まだまだ山口県民のコープに対する認知度に、僕は満足していません(笑)!山口県に住む誰もが知っていて、誰もが気軽に利用できるような、そんな組織にしたいです。

就活中の皆さんへメッセージ

コープの仕事には特別な能力や才能は必要ないと思っています。けれど、他人へのちょっとした気遣いや相手の立場に立った言動など、当たり前のことを当たり前にできることが大切です。就職活動は自分を見つめ直す機会でもあります。就職活動期間にしっかり「人間力」を磨き、自分の考え方や気持ちに素直になることで、きっと自分に合う就職先が見つかるはずだと思います。その中で、皆さんとコープやまぐちで一緒に働くことができれば嬉しいです。

PAGE TOP