コープやまぐちについて

フードドライブ活動

もったいないを、ありがとうに

食品ロスや貧困問題、コロナ禍の中では休校による影響で困っている親子への支援としても注目「フードドライブ」。
2020年7月には、コープのお店「ここと」全店にフードバンクポストを設置。
回収された食品は、実施団体(NPO法人フードバンク山口)により、定期的に収集され、福祉施設等で活用されます。

あなたも、フードバンク活動をしてみませんか?

フードドライブ、フードバンク活動は、家庭で余っている食べきれない食品を持ち寄り、それを必要としている福祉、団体・施設などに寄付する活動です。
山口県内には、フードドライブ用のポストが、山口県庁や、宇部、下関市役所の他、労働団体、福祉施設、県内のスーパーマーケットや商店等に50ヶ所以上設置されており、集まった食品は、NPO法人フードバンク山口等を通じて、福祉施設等で活用されています。
「賞味期限までに食べきれそうにない」「たくさんもらって余っている」など、ご家庭で眠っている余剰食品があればぜひ、ここと各店のフードバンクポストへお持ちよりください。

フードバンクポストで取扱い可能な食品

  • 缶詰やお菓子
  • 嗜好品(茶葉など)
  • 乾物、麺類、インスタント食品、レトルト食品
  • 飲料(ジュース、お 茶、飲料水など)
  • 調味料、食用油
  • 特殊な食品(ベビーフード・離乳食など)
  • 備蓄品(乾パンなど)

※賞味期限が1ヵ月以上あるものをお願いします。