コープやまぐちについて

コープやまぐちのあゆみ

  1. 1963年度
    (昭和38)

    創立 山口中央生活協同組合[組合員数 387名、出資金 5万円]
    くみあいマーケット小郡店の名称で開設

    くみあいマーケット小郡店
  2. 1964年度
    (昭和39)

    家計会発足 / 家計簿・食生活・商品グループ発足 / 山口市農協と業務提携
    くみあいマーケット防府店開設

  3. 1966年度
    (昭和41)

    くみあいマーケット小野田店開設

  4. 1970年度
    (昭和45)

    牛乳の共同購入 / 酒直売運動 / 灯油運動のスタート

  5. 1971年度
    (昭和46)

    地福農協梨組合・須佐漁協・阿東生活改善グループと産直提携

  6. 1973年度
    (昭和48)

    配送センターの開設 / オイルショックによる商品確保の運動の展開

  7. 1974年度
    (昭和49)

    生鮮食品を除く全商品の価格凍結

  8. 1975年度
    (昭和50)

    第1回生協まつりの開催

  9. 1978年度
    (昭和53)

    円高差益還元運動 / 一般消費税反対の運動

  10. 1980年度
    (昭和55)

    店舗より「有リン洗剤」追放

  11. 1983年度
    (昭和58)

    共同購入 [班]組合員 1万人を突破 / 食品添加物の総量規制署名運動 / 平和行進に初参加

  12. 1984年度
    (昭和59)

    ユニセフ募金開始

  13. 1986年度
    (昭和61)

    大型間接税反対運動 / 中央物流センター開設

  14. 1987年度
    (昭和63)

    山口中央生協創立25周年「虹のフェスティバル」開催 / 「食べ物とくらしを考えるフォーラム」の開催

  15. 1990年度
    (平成2)

    仁保農協と産直開始 / 無角和牛供給提携 /(株)協同畜産設立 / 「21世紀ビジョン」策定

  16. 1991年度
    (平成3)

    山口県内5協同組合と提携

  17. 1992年度
    (平成4)

    商品検査センター開設 / 農産加工センター開設 / 小野田店新装開店 / 新下関店開店

  18. 1993年度
    (平成5)

    創立30周年「生活協同組合コープやまぐち」に名称を変更

  19. 1994年度
    (平成6)

    生活バックアップ商品の導入と EDLP商品の導入

  20. 1995年度
    (平成7)

    コープやまぐちも含め11の生協が加盟する「Kネット共同連帯機構」がスタート / 阪神淡路大震災で被災地への救援活動 / いずみ店・徳山店・小郡店 開店

  21. 1996年度
    (平成8)

    豊関センター開設

  22. 1997年度
    (平成9)

    宇部店・きくがわ店開店 / 岩国共同購入センター移設

  23. 1998年度
    (平成10)

    コープやまぐち創立35周年 / ほうふ店 開店

  24. 1999年度
    (平成11)

    萩共同購入センター開設 / 福祉協同組合さんコープ設立 / 利用しやすい共同購入〈コーピングハウス〉のスタート、電話ファックスセンター開設

  25. 2000年度
    (平成12)

    「食の安全総合政策」の策定 / 食の安全をもとめる「食品衛生法改正」署名運動

  26. 2001年度
    (平成13)

    共同購入商品の個人別セットスタート / 行政や商工関係者とともに街づくりへ取り組む / 「どうもん店」の開設 / 共同購入のチラシ回収運動スタート / 個人配達スタート

  27. 2002年度
    (平成14)

    山口県への食品の安全行政組織の充実・強化を求める 10万人署名実施 / 「産直事業基本問題検討委員会」設置 / 「第1回産直フォーラム」開催 / 情報システムセンター開設 / 湯田店を業態変更し、湯田ブックセンター開設(宮脇書店コープ湯田店)

  28. 2003年度
    (平成15)

    山口県「食の安心・安全確保懇話会」に生協代表派遣 / 小郡にコミュニティセンター「はぁもにぃ?♪」設立(創立40周年記念) / きくがわ店閉鎖 / とくやま店を移転新築

  29. 2004年度
    (平成16)

    組合員による「のぞみ委員会」設置 / 「ビジョン(中期計画)づくりのプロジェクト発足 / コープステーション事業開始 / ほうふ店閉鎖

  30. 2005年度
    (平成17)

    コープやまぐち商品検査センターが(社)やまぐち食の安心・安全研究センターとして開設 / 「赤ちゃんサポートクラブ」制度スタート / 「コープ子育てひろば」をコミュニティセンターでスタート / 中四国9生協の事業連合「コープCSネット」設立・2006年度、統一事業開始に向けて準備 / ビジョン「デザイン2010」を組合員・職員も参加して策定

  31. 2006年度
    (平成18)

    コープCSネットの中国5生協の統一事業・統一カタログスタート / 住みよい地域社会をめざして、コミュニティ・ボランティア・NPOなどの活動団体を表彰する「コープやまぐち・女性いきいき大賞」を創設 / ホームページに準じた携帯サイト開設。メルマガ会員を募集し、最新情報の配信をスタート / 本部移転、どうもん店の再開発計画への参加を決定 / 環境マネジメントシステム構築に取り組み、ISO14001の認証を取得

  32. 2007年度
    (平成19)

    地域組合員を主体にした7地域26ブロック制スタート / 無店舗事業では、問合せセンター、厚狭・周南西センター開設 / 配送全トラックに「こども110番」設置 / インターネット注文スタート / 高齢者向けの夕食宅配事業を新規にスタート / 県民全世帯を対象に生協の活動を伝える「くらしやまぐち」を創刊(年数回)/ 商店街再開発ビル「どうもんパーク」にどうもん店オープン

  33. 2008年度
    (平成20)

    「食の安心・安全」の再構築をめざし、商品品質管理や検査・点検体制を充実 / 組合員といっしょになって食を考える一環として「産地工場視察」を開始 / 食を考える情報誌「はぐくみ」創刊(年4回)/ 第3回女性いきいき大賞から対象を学生まで広げ、「学生の部」新設 / 鹿野ファーム、JA全農ミートフーズと産直事業協定締結

  34. 2009年度
    (平成21)

    子育て支援に続き、共同購入・個配で高齢者や身体障害者を支援する福祉サポートスタート / 旧「厚生年金休暇センターウェルサンピア宇部」を取得し、COCOLAND山口・宇部を開設 / 地域のコミュニティづくりのお手伝いとして「おしゃべり会」を新たに開催 / 山口県立大学と連携した「私らしく生きる生きかた講座」を開設

  35. 2010年度
    (平成22)

    CSネットへのドライ物流統合 / もずく基金への取り組みスタート / 「地産知食」運動開始 / 県内自治体の首長・副首長を交えた「やまぐちピースフォーラム2010」実施 / 農業生産法人ココ・ファーム設立 / デザイン2015の策定 / 東日本大震災での被災地支援取り組み

  36. 2011年度
    (平成23)

    デザイン2015がスタート・農業生産法人「ココ・ファーム」が野菜生産を開始 / 移動店舗「おひさま号」を、県西部で実験的に開始 / 宇部店リニューアル / 「やまぐちピースフォーラム2011」実施 / 「核兵器禁止条約の早期実現を求める署名(CANT署名)」を呼びかけ、6万1千筆を超える賛同の声が結集 / 「開拓牛」「つるい牛」「深川養鶏」と産直協定締結

  37. 2012年度
    (平成24)

    宅配の配達手数料引き下げ、供給割戻費の廃止と新ポイント企画の新設 / いきいき預け金制度終了 / 宅配の冷凍商品の物流をCS中国5生協で統合 / 冷凍取扱品目数拡大 / 農産品の11生産者と産直協定締結 / 内部統制システムに関する基本方針を理事会で決議

  38. 2013年度
    (平成25)

    創立50周年 / 新ネーミング(店舗「ここと」、宅配「ここくる」)新キャラクター「ここ」を発表 / 50周年記念式典、50周年生協まつりを開催 / 移動店舗を2台増車し、県央部から県東部へ展開 / 小郡店をミニスーパーに改装 / いずみ店でお買い物便利便の実験開始 / アクリフーズ農薬混入事件 / 有償ボランティア「おたがいさま下関」を実験的にスタート / 7生産者と産直協定締結

  39. 2014年度
    (平成26)

    消費税が5%から8%に / 超ミニSMの島田店(光市)旭町店(山陽小野田市)を実験的に出店 / 小野田店閉店 / とくやま店を母店に移動店舗2台増車 / SM店舗改革に向け大阪いずみ市民生協へ11名研修派遣 / 地域見守り協定(県と11市町) / 災害時救助物資協定(県と17市町)を締結

  40. 2015年度
    (平成27)

    NPT再検討会議に向けた署名活動 / いずみ店リニューアルオープン / ここハウス湯田開所

  41. 2016年度
    (平成28)

    ピースフォーラム開催 / 高齢者を中心とした見守り協定(県と全市町)締結 / お買い物サポートカーを実験的にスタート / 宇部店リニューアルオープン

  42. 2017年度
    (平成29)

    おたがいさま周南スタート / ヒバクシャ国際署名活動 / 電子マネー導入

  43. 2018年度
    (平成30)

    ここと新下関店オープン(新築移転) / コープステーションハウス無料化 / おたがいさま周南の対象エリアを下松市まで拡大 / 山口市長と紙面でのピースフォーラム実施 / 宇部市と地域活性化包括連携協定締結

  44. 2019年度
    (令和元年)

    ピースフォーラム2019開催 / ここと宇部店にフードバンクポストを設置 / 子育てサポートクラブ「ここサポ」スタート / 山口市と地域活性化包括連携協定締結

  45. 2020年度
    (令和2年)

    ここと全店にフードバンクポスト設置/萩市、周防大島町と地域活性化包括連携協定締結/ここと宇部店リニューアルオープン