コープやまぐちについて

環境の取り組み

コープやまぐちでは、組合員とともに環境保全活動を推進し、自然と人との共生を実現するとともに、環境への負担の少ない持続的な発展が可能な資源循環型の社会づくりを目指しています。
また、事業的にも環境保護を積極的にすすめるために、ISO14001の認証を取得し、環境負荷の軽減と汚染の予防を図る環境マネジメントシステムの継続的な改善を進めています。

組合員とともにすすめている環境活動

組合員自身が次世代の子どもたちに安心して暮らせる地球を残すことをめざし、環境問題を身近なくらしの中から、考える活動をすすめています。

買い物袋持参運動

1970年代から取り組んできた買い物袋持参運動。行政への働きかけ等から、山口県では2009年4月より買い物袋有料化が実現しました。2020年7月には、全国的にレジ袋の有料化がスタートし、引き続きお買い物袋の持参へのご協力を呼びかけています。

資源のリサイクル運動に
参加しましょう

卵パックや飲料パックなどは、リサイクル品としてコープの宅配やお店で回収しています。ただし、汚れたものや濡れたものなどが混ざっていると、再仕分け作業が必要になったり、保管中に異臭・カビ等が発生し、結局リサイクルされずにゴミとして処分されてしまいます。皆様のご協力よろしくお願いいたします。

環境に配慮した商品

再生商品を利用して初めてリサイクルされたことになります。コープではたくさんの環境商品を取り扱っています。詳しくは日本生協連HPをご覧ください。

ココランドで太陽光発電事業に取り組んでいます

2013年、コープやまぐちでは環境面を考え、関連施設のココランド建物の屋根を活用した太陽光発電事業を開始。年間22.4万kWhの発電量を作り出しています。写真は、ココランド(宇部市)の840枚の太陽光パネル。