環境方針

コープやまぐちは、組合員の思いや願いを実現するために、
食の安心を中心に環境、平和、福祉、地域コミュニティの活性化などに取り組んできました。
その中でも地球温暖化問題など今後さらに地球全体の環境に及ぼす影響が懸念される今、
組合員の環境保全を求める思いや願いはますます強くなっています。
美しい環境のもとで自然と共生して心豊かに暮らすこと、
次世代へ健全で恵み豊かな環境を引き継いでいくことは組合員みんなの願いです。
コープやまぐちは、「一人ひとりの願いを寄せ合い、私たちのまちに人間らしい豊かなくらしの創造を」の基本理念のもと、
組合員とともに環境保全活動を推進し、自然と人との共生を実現するとともに、
環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な資源循環型の社会づくりを目指します。

【基本方針】

コープやまぐちは、組合員のくらしに役立つ食料品・日用品等の商品の供給とサービスの提供などの事業を行っています。
私たちはコープやまぐちの商品、サービス、及びこれらの事業活動の中で環境に与える影響の大きな項目をライフサイクルの視点を持って考慮し、技術的・経済的に可能な環境目的・目標を設定・実行し、定期的に見直しを行います。
そして、その目標を達成していくためにも、組織全体の能力・知識・経験を結集し、マネジメントを強化することにより社会的責任を果たすとともに、コープやまぐちに関わる全ての関係者の満足度の向上を目指します。
あわせて当生協に適用される環境関連の法令および条例と受け入れを決めたその他の要求事項を順守します。また、環境負荷の軽減と汚染の予防を図り、環境マネジメントシステムの継続的な改善をすすめます。

  1. 1. 事業活動におけるリスク・機会を評価して、省資源・省エネルギー・生産性及び仕事品質の向上をすすめ、CO2排出量削減に取り組みます。

  2. 2. 事業活動における廃棄物の削減に取り組みます。

  3. 3. 容器包装や食品廃棄物等のリサイクル活動を組合員とともに推進します。

  4. 4. 環境に配慮した商品と、山口県産商品の開発と普及を進めます。

  5. 5. 組合員とともに行政やその他の組織とも連携を強め、環境活動を地域に広げるとともに地域の活性化を推進します。

  6. 6. 食品衛生の向上および環境保全に配慮した事業活動をすすめ、組合員とのコミュニケーションを強化し、安心・安全、信頼、そして満足度の向上を図ります。

以上の活動をすすめるために、コープやまぐちのために働くすべての要員に必要な教育及び訓練を徹底し、組織一体となって推進します。
この環境方針はコープやまぐちの内外に公表するとともに、環境活動の取り組みの状況について定期的に公開します。

制定日:2006年7月1日
改訂日:2017年4月1日
生活協同組合コープやまぐち
理事長 岡崎 悟